So-net無料ブログ作成

コブクロ - ”風見鶏” [J-POP]

こんばんは。

みなさん、ゆっちゃんの日本公式FC覗きましたか?

先日募集されていたD-200イベントのメッセージの写真が載っていますよ。

多くのファンの方がメッセージを書かれていたんですね、やっぱり。

写真で観ると、圧倒されました。

みなさまの愛が、たくさんあって・・・。

って、何だかゆっちゃんがコメントしているような文章になってしまいましたが・・・。

多くのファンの方が創意工夫なさって、自分の愛をそれぞれ表現しているのが良く分かります・・・。

自分の工夫のなさにドッキリ・・・Chikuzen です。

おほほほ。

ゆっちゃんが日本人のファンの愛に包まれて、少しでもまた幸せな気分になってくれたら、

本当に嬉しいですよね!

みなさん、これからも地道にコツコツと愛を育みあって参りましょう!!




さてさて、今日の音楽をお届けしたいと思います。

皆さんにここで一つ質問が!

あの、韓国語で”風見鶏” ってどう言うんですかねぇ?

ほんやっきー!に掛けてみると 【풍향계계】 ”風向計係” となりました。

これじゃぁちょっと情緒?に欠ける気がするのは私だけでしょうか・・・。

韓国に果たして風見鶏が存在するのか、それさえ謎だったりします。

どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さいね。

で、どうしてこんな質問をしたかと申しますと、今日の音楽の題名だから、なんです。

今日の音楽は、コブクロ - ”風見鶏” です。

私は、ゆっちゃんのファンになる前は、佐藤竹善とコブクロの大ファンでした。

でも韓国の風が吹いてからは、その情熱がどんどん少なくなって来ているんですけど・・・。

って言うか、そこまで気が回らないって言うのが正しい表現になりますかね。

ま、それはともかく、私はこの曲がとてもお気に入りでした。

とても素敵な歌詞を小渕くんが書いてくれていて・・・心に染みたんですね。

聞けば聞くほど胸に染みる、そんな曲だと思います。

それで、ゆっちゃんにもこの歌詞を感じて欲しいと思ったんですよ。

でもほんやっきーに掛けても”風見鶏” をうまく訳すことが出来なくて断念したんです・・・。

何となく、少しだけかもしれませんが、ゆっちゃんの心情を表している気がしたのでした。

ゆっちゃんの事を思い出しながら、この曲を聴いていただけるととても嬉しいです。

コブクロ - ”風見鶏”


風見鶏 - コブクロ


(歌詞)
何気なく交わした約束が 心の道を照らすよ
あの日始まった物語の鍵となり どんな扉も開けてくれた

てっぺんが見えないほど高い フェンスの向こう側へと
夢だけ先に放り投げてよじ登り 祈りの陽を見つめてた

いつの日も 向かい風を探す 風見鶏のように
真っすぐ時代と立ち向かい 生きてゆきたい
逃げ出さないように 流されないように
心に 深く深く 突き立てた 風見鶏

泣きながら君がくれた手紙 財布の隅においてある
懐かしい声をなぞるような丸文字に 何度力を借りただろう

譲れない想いを滲ませた 涙 乾かぬ道に
刻む足跡もやがて消えゆく そこに咲かせてゆこう 微笑みの花

いつの日か 朝焼けに飛び立つ 渡り鳥のように
幾重の願いが 空の果てに弧を描くよ
佇む風の跡 たどればどこかで
きっと きっと待ってる 君想う… 'cause I believe my dream

優しさ見失ってまで強くなって 何を守れるのだろう
一番そばにあった笑顔が 咲く場所 探しているのに

いつの日か いつの日か もう一度あの街へ 君の待つ場所まで
真っすぐ自分と立ち向かい 生きてゆきたい
弱い自分に勝てるなら 誰に負けたって良いさ
唇 噛みしめれば 聴こえるよ 君の声
いつの日も 風見鶏
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。